これが愛だよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS まだ公開前ですが、アル・ゴア「不都合な真実」

<<   作成日時 : 2006/08/30 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ちょっと仕事のつてで、まだ2ヶ月も公開前ですが「不都合な真実」という映画の特別試写会に行ってきました。
 アル・ゴア。アメリカ前副大統領で、2000年の大統領選挙で現ブッシュと大接戦の末、フロリダ州(ブッシュ弟が知事をしていた)を落としたことで、得票数ではブッシュを上回りながら、大統領になれなかった男。もともと環境保護派として知られ、クリントン政権下では得意の環境問題の他、インターネットのインフラ整備などにも活躍。ちょっと調子に乗って「自分はインターネットの生みの親」とか言って叩かれたこともありますw(余談ですが「シヴィライゼーション4」というPCゲームで、生産できるプロジェクトの中に「インターネット」がありますが、そのアイコンが彼の顔になってるのは、それに由来してます)。
 そんな彼がライフワークとして続けてきた環境問題(特に地球温暖化)に関する講演をまとめたのが、今作「不都合な真実」です。
 内容は完全にドキュメンタリー、というかゴアさんのワンマン・ショーです。地球温暖化の危機を説くある講演を中心に、合間合間で彼のバックグラウンドや大統領選挙後の心境などが語られます(ナレーションも全て彼本人)。こう書くとまるで政界復帰(本人は否定)のための宣伝映画かと思われますが、中身はすごくまじめで、ちょっと環境問題に関心のある人ならすごく面白い話を面白く語ってくれます。またゴアさん専門家顔負けの知識を持ってるんですよ!ポーズではなく本当に真剣に環境問題に取り組んでたんだなというのが分かるし、それをわかりやすく伝えるのはさすが政治の第一線で活躍していただけあるなと思わせます。試写会には学者の方たちも来ていて、試写後の感想などでもゴアさんの言っていることは大筋で間違ってないといってる内容でした。
 昨今の異常気象や氷河の後退などといった事実を考えると、やっぱ地球がなんかおかしいんじゃないの?と思わざるを得ません。そんな中、二酸化炭素排出を規制する京都議定書を平気で離脱して1国で世界の20%以上もCO2を排出するアメリカ。また中国産車以下の燃費基準の低い車を平気で作りつづけるアメリカ。そんな事実をこの映画は突きつけます。そんな現実に苦悩しながらも、なんとかそれを変え、子供たちに今より悪くなることのない地球を残そうと努力するゴアさんには本当拍手を送りたくなります。歴史にタラレバはないですが、2000年大統領選の結果が違っていれば、世界は今より多少いい方向に向かっていたハズだと思わずにいられません。ちなみに試写を主催したUIPさんによればアメリカでは、今作はドキュメンタリー映画としては興行収入第3位だそうです(1位は「華氏911」)。
 まあ正直、彼女とデートで観に行く映画ではないですが(笑)、多少なりとも環境問題に関心のある人には是非お勧めの映画です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだ公開前ですが、アル・ゴア「不都合な真実」 これが愛だよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる